読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

復帰42日目、お互いが求めていることをちゃんと話そう。

話題になっているサイボウズの「パパにしかできないこと」
 
 
 
ムービーを見た夫と、昨日の夕ごはんを食べながら夫婦で話をして、遅ばせながら私も見てみました。
夫が書いた「パパにしかできないこと」の感想をみながら、感じたことなど。
 


「パパにしかできないこと」を見て - 学習する家族-Learning Family-

 
 
毎日遅くまで残業し、休日出勤もよくしていた夫が育休をとると決めて実際に産後1ヶ月休んでくれたこと。今も定時にあがって息子のお迎えに行ってくれていることにはとても感謝しています。
 
夫のすごいところは、「妻と息子を大切にする」と決めて、実際に行動にうつし、自分が変わったことだと思います。これはなかなかできないし、特に仕事と家庭の両立という観点からみると、周りの理解を得ることも、働き方を変えることも、男性の方が圧倒的に大変だと感じています。
 


復帰13日目、子どもが生まれてからの働き方を話そう。 - 旅するように学ぶ

 
 
そんな夫、育休中、とても一生懸命家事をしてくれました。それにも関わらず、「ご飯つくるために育休とったの?」と言ってしまった出来事があります。当時、もう赤ちゃんと一緒にいるのしんどい状態だった私は、例えば息子を抱っこしているよりも、ご飯をつくって少し息子と離れたい瞬間がありました。
これは、妻が求めていることと、夫が考える妻が求めていることにずれがある、という1つの事例ですが、育児以外の場面でも、逆の立場でも、ある話だと思います。
それに、その時の状況によってもしてほしいことは変わります。
ギュッとしてほしい時、抱っこを変わってほしい時、話を聞いてほしい時。
 
ママができること、パパができることをそれぞれ広げることはもちろん、
ママがしてほしいこと、パパがしてほしいことを、お互いに知ること、
そんなコミュニケーションが大切なんじゃないかなぁ。
 
 
follow us in feedly