読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

私が、子どもを産んだ友達に写真カレンダーアプリ「レター」をすすめる5つの理由と続けるための2つのコツ

子どもが生まれると、とにかく写真が増えます。

でも、なかなかそれを印刷したり、アルバムをつくったりする時間がないままスマホやカメラの中に写真がたまっていってしまいます。両実家からも、写真送って!と言われることがあるのですが、なかなかその時間をつくれません。

 

そんな悩みを解決してくれるのが「レター」です。

f:id:rai527:20160328094640p:plain

「レター」は、スマホで撮った写真を使っておしゃれなカレンダーを作り、おじいちゃん、おばあちゃんなどに送ってくれるサービスです。

 

わが家は使い始めてもうすぐ2年になります。最初は続けるのが不安すぎて、息子の1歳の誕生日までがんばろう!と言って始めたのですが、おじいちゃんおばあちゃんから喜ばれすぎて、今でも毎月送っています。

f:id:rai527:20160328094853p:plain

lttr.jp

※招待コード「8WGN8」をいれると毎月1枚無料になります! 

 

2年間つかってきて、子どもが生まれた友達には「レターいいよ!」とまるで回し者かのようにおすすめしていますが、「これはいい!」と言ってくれる友達が多いのです。

なぜレターがいいのか、その理由をまとめてみました。

 

①1分で送れるシンプルな機能&インターフェイス

子どもがうまれるととにかく時間がありません。でも、レターの機能は超シンプルです。

(1)写真を選ぶ&カレンダーの色を選ぶ

f:id:rai527:20160328105543p:plain

(2)メッセージを書く

f:id:rai527:20160328105615p:plain

(3)宛先の住所を入れる

これだけです。3つ目の住所は、最近機能改善がされ、2回目以降は前回のものが自動入力されているので実質2ステップ、写真が選べれば1分で完了します。

 

②カレンダーだから「続けられる」

アルバムやポストカードなどのサービスも多いですが、レターの秀逸な点は「カレンダーである」ということ。

あくまでカレンダーなので、月末になると来月分を送るという行動に意味が生まれますし、そろそろ送るというのが習慣になりやすいです。ちゃんと通知機能があるのでリマインドもしてくれます。

また、カレンダーなので、私の父は手帳にレターをはさんで持って行き、取引先での日程調整にレターをつかって孫自慢をしたりしているようです(笑)

 

③おしゃれで飾りたくなるデザイン

 1分で作成できる・1枚250円のレターですが、おしゃれです。

部屋に飾っても、いい感じのインテリアになります。

わが家はアコーディオンブックを購入し、時系列に飾っております。

 

④250円で申し訳ないくらいに祖父母に喜んでもらえる

毎月、月初にレターが届くと、レターの送り先である両実家と祖母の家の合計3ヶ所からそれぞれ、レター届いたよ!と電話かメールが来ます。

実家が遠いこともあり、なかなか孫・ひ孫に会えないので、祖父母は毎月レターをとても楽しみにしてくれています。そして、レターが届いたよというのが、きっかけとなって毎月1回は必ず連絡をとって、息子の様子などを話せて、コミュニケーションが増えました。これってすごいことだと思います。

 

⑤自宅に送れば子どもの成長記録になる

レターは、プレゼントだけでなく自宅用も送ることができます。

我が家は、毎月自宅用もつくってアコーディオンブックに入れて本棚の上に飾っています。

いつでも目に触れる場所に、息子の写真が並んでいることで、1ヶ月ごとの変化や成長をとても感じやすく記録にもなります。

↓こんな感じです。我が家に遊びに来た人には「なにこれ!これいいね!」と いう感想をもらいます。

https://www.instagram.com/p/3ggSIJmbGn/

Instagram

 

最後に2年間やってみて、このやり方がいいなと私たちが落ち着いた使い方もご紹介します。カレンダーだから続けやすいと言っても、続けるのにはエネルギーもかかります。

が、この2つを決めることで、「毎月送る」というハードルが一気に下がりますよ。

 

続けるコツ①色のパターンを決める

レターでは、12色からカレンダーの色を選ぶことができます。

どの色も素敵なカレンダーに仕上がるのですが、毎月選ぶのは迷ってしまいます。

なので、今年は1年間この色とか、毎月上から順番に、というように色のパターンを決めておくと楽です。

わが家は毎月上から順番にというパターンにしています。

 

続けるコツ②メッセージのパターンを決める

レターではカレンダーの裏側にメッセージを載せることができます。

100文字程度とすごく短いので負担は少ないのですが、毎月どんなことを書こうかと考えてしまいます。ここもパターンを決めておくととてもスムーズになります。

わが家の場合には、

・息子の月齢/年齢を書く

・毎月息子の身長と体重を書く(毎月の保育園の身体測定の結果)

・息子の成長トピック(首がすわった、歩いた、○○と言うようになったなど)

・送り先ごとにメッセージは変えないで同じものにする

というパターンを決めています。

 

レターの目的は、自宅用も含め「息子の成長を伝える」ことなので、そこにフォーカスして全部一緒にすることでストレスなく、かつ成長記録となります。

 

この2つのパターンを決めることで、レターはより続けやすくなりますよ!

 

お試しは1通無料、招待コードをいれると毎月1枚無料になるので、ぜひ一度体感してみてください♪

lttr.jp

※招待コード「8WGN8」をいれると毎月1枚無料になります! 

 

 

follow us in feedly