読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

子連れで市原ぞうの国へ行ってきた!おすすめポイントと注意点

子育て-遊び・学び

今回は関東でお子さんがいる方にぜひおすすめしたいお出かけスポットについてご紹介したいと思います。

それは、ちょっとマニアックな「市原ぞうの国」とそのお隣にある「サユリ・ワールド」です。

 

市原ぞうの国とサユリ・ワールドとは?

 市原ぞうの国

市原ぞうの国は、その名の通り像の楽園。園内には、なんと、10頭もの像がいます。ぞう以外にもなんと、100種類の動物がいます。日本で唯一のゾウに乗れる動物園です。

映画「ゾウになった少年」は、市原ぞうの国の園長さんの息子さんがモデルになっているお話だそうです。

市原ぞうの国

 

サユリ・ワールド

市原ぞうの国のお隣にあるサユリ・ワールド。なめてはいけません。すごいんです。猿や鳥の檻の中に入れて、リクガメやカンガルーなど(多すぎてかけないくらい)たくさんの動物が放し飼いです。

 

Sayuri World – 市原ぞうの国

 

市原ぞうの国とサユリ・ワールドの基本情報

▼アクセス

 千葉県市原市山小川937

JR総武線五井駅から小湊鐵道に乗り換え、高滝駅で下車しバスとなります。

駅から要予約の無料バスがあるようです。

 

▼料金
市原ぞうの国
大人 1800円
小学生900円
幼児(3歳以上)500円
2歳以下 無料

市原ぞうの国&サユリワールド2施設共通入園券
大人2500円
小学生1200円
幼児 900円

断然、サユリ・ワールドとセットの共通チケットをおすすめします。

 

市原ぞうの国とサユリ・ワールド、なにがすごいのか?

①ぞうにエサをあげられる
②キリンにエサをあげられる

他の動物園では体験できない距離で、ぞうとキリンとふれあえます。エサやりは、文字通りぞうの鼻をなでたり、キリンに舐められたりと触れあえます。 

 
f:id:rai527:20160811061913j:image

 

③ぞうのショーがすごい!

ぞうの国だけあって、ぞうのショーがあります。だいたい2~4頭のぞうさんがサッカーをしたり、絵を描いたりします。選ばれるとぞうの鼻に乗る体験ができることも。

ショー前には早い時間帯から席取りが行われていますが、席もたっぷりあるし、座らすなくても見ることはできます。

 

④動物との距離が異常に近い

サユリ・ワールドは、かなり多くの動物が放し飼いになっていて、動物がいるところを人が避けながら歩く感じです。カンガルーやラクダがその辺で普通に寝てるんですよ。触ろうと思えば触れます。猿や鳥も、檻の中に入って見ることができます。

公立の動物園では、安全確保やリスクマネジメント的になかなかできないと思うので、かなり貴重な場所だと思います。

 
f:id:rai527:20160811061854j:image

⑤動物園という名前じゃないけど、かなり動物の種類が多い

市原ぞうの国は100種類以上の動物がいて、サユリ・ワールドにもかなりたくさんの種類の動物がいました。子どもが大好きなライオンやトラもいます。普通の動物園のような展示的な感じではないですが、えっこんなのいるの?という驚きもあったり、動物園としても十分楽しめると思います。

 

市原ぞうの国とサユリ・ワールドは、何歳くらいから楽しめるのか?

 我が家は、息子が1歳6ヶ月で、自分で歩けて、「ぞうさんに会いたい」と言うようになった頃に行き、とても楽しそうでした。

こわがるかなと思っていたのですが、「やる!」と、自分でぞうさんにもキリンさんにも、ポニーなどにも餌のバナナやニンジンをあげていました。

動物が好きなお子さんであれば、1歳過ぎくらいから楽しめるのではないかと思います。

 

また、動物園に慣れている少し大きなお子さんや大人でも、動物園と比べ物にならないほどの距離感なので、飽きずに楽しめると思います。2つの施設をあわせるとそれなりに広さもあり、1日たっぷり遊べるのではないでしょうか。

 

市原ぞうの国とサユリ・ワールドに行くときの注意点は?

高低差がけっこうあります。
市原ぞうの国の中は、基本坂道だったり、ぞうのショーとぞうの飼育エリアは山道な感じベビーカーでは移動が難しいのでご注意を。

 

中でもけっこうお金がかかる。

うちの息子は、とにかく餌をあげたがりました。餌は、各所で1カゴ500円で売っています。中身はバナナとニンジン。一緒に行ったじいじとばあばが3~4回買ってくれていました。。ありがとうございます。

大きなお子さんであれば、1カゴだけだよなど、最初に約束をしておくとよいかもしれません。

 

手荷物は最低限に

移動も大変ですし、動物と触れあうことも多いので、園内に入るときは手荷物は少な目にした方が楽だと思います。特にサユリ・ワールドでは、動物に荷物を取られるなんてこともある可能性があります。

ちなみに市原ぞうの国の中には、飲み物の自動販売機や飲食販売店もありました。

 

お手拭きなどがあると安心

動物とのふれあいはよいけれど、小さな子どもと行く場合には衛生面も気になるところ。園内には、手洗い用のせっけんと水道も何ヵ所に設置してありますが、お手拭きや携帯用のウェットティッシュなどがあると、おててをなめたりする前にさっとふけて安心かもしれません。

 

最後に

ぞうやキリンとの触れ合いに大興奮だった息子は、帰宅してからも「ぞうさん、バナナあげたの」「キリンさん、ペロンしたの」とずっとお話していました。

息子は、市原ぞうの国で動物園デビュー。おかげで、そのあとに何回か上野動物園にいっているのですが、「ぞうさんにバナナあげたい、、、」と、距離が遠いことに不満げです(苦笑)普通の動物園に行ってから行くと感動できると思います、、、。

 

そして、ここまで散々おすすめしてきましたが、あくまで子どもが喜ぶおすすめです!私個人としては、動物が苦手です。

すごーい!!とは思いましたが、息子が果敢に動物さんになめられながらエサをあげているのを遠くから眺め、サユリ・ワールドではへっぴり腰でなんとかキリンゾーンまで行き、(放し飼いゾーンを通らないとキリンさんに会えません)キリンが終わってからは、息子や夫が動物さんと触れあうなか、そうそうに放し飼いゾーンから逃げ出しました(^_^;)

 

 

星になった少年 スペシャル・エディション [DVD]

星になった少年 スペシャル・エディション [DVD]

 
星になった少年 (光文社知恵の森文庫)

星になった少年 (光文社知恵の森文庫)

 

 

follow us in feedly