読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

子育てのモヤモヤが言語化。親になる人に読んでほしい「子育てのパラドックス 親になることは人生をどう変えるのか」

昨年、夫婦で参加したNPOマドレボニータのイベントで登壇された慶応SFC・SVP東京の井上先生が紹介されていた「子育てのパラドックス」、その場でAmazonでポチッとして一気に読みました。
 

母になって2年。いろいろともやもやしていたことが、本の中で様々な研究結果や理論として説明がされていて、もう読みながらずっと力強くうなづきまくった1冊でした。

 

・実際のところ、子どもとの暮らしを始めるとなると、どんなに用意周到な人でも準備できることはほとんどない。
 あらゆる種類の育児書を買い、友人や親類を観察し、自分自身の子どもの頃を思い出したりはできる。
 だがそうした仮の体験と現実の子育てとのあいだには、何光年もの隔たりがある。
 (中略)
 親になるというのは、大人の生活においてまさに青天の霹靂なのだ。
 

という風に始まるとおり、子どもが生まれる前に読んで理解をしていれば子育てがうまくいくわけではないと思うけれど、それでも知っておくことで、ちょっとでも準備ができたり、すっごく悩んでしまう前にこの本に出てくるエピソードを思い出して、私だけじゃないんだって思えたりはすると思うので、これから親になる人にぜひ夫婦で読んでほしいなと思い、ご紹介します。 

 

子育てのパラドックスーー「親になること」は人生をどう変えるのか

子育てのパラドックスーー「親になること」は人生をどう変えるのか

  • 作者: ジェニファー・シニア,高山真由美
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2015/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

1966年社会学者のアリス・ロッシはこの唐突な変化を論文に
「親への変化」と名付け、子どもをもつというのは、結婚前の恋愛や、それまでの人生において受けた職業訓練などはまったく共通点のない体験であると述べている。
赤ん坊は脆く謎めいた状態で100%依存してくるのだから、と。

「親になる」という時、私たちは、出産の流れを学んだり、赤ちゃんの服を用意したり、赤ちゃんのオムツ替えや沐浴の練習はするのに、親になる自分がどう変化するのか、そしてその変化にどう対応するのかについてはまったく考えることがないのです。

これは子育てが始まった時に、赤ちゃん中心になり、母親自身も周囲の人も産後の母親の心身のケアについて優先順位がさがってしまうということにもつながっているのではないかと思います。

体の変化のない父親は特に「親になる」という変化にそもそも気づきずらいかもしれません。

 

これから親になる人、そして今必死に子育てをしている人たちが知っておきたいことは、現在の「子育て」は昔とは違うということ。
少し長いので、書籍から引用しつつ少しまとめました。
 
■3つの大きな変化
1.選択 
・夫婦が子どもの人数やいつ子どもを生むかを調整できるという贅沢を手に入れた
・慣習からあるいは経済的に必要だから、あるいは家族や地域社会へのギリがあるからという理由(もしくはその3つ全部)から子どもをもっていた

2.仕事
・1日の仕事が帰宅したあとまでずっと続くようになった
・大部分の母親が職につき、労働市場への女性の浸透が家庭生活のルールを大きく置き換えた
・現代の父親は今までのどの世代よりも育児に熱心ではあるが、仕事との両立において妻と同じように苦労している
・その結果、家庭内に苛立ちがつのる。 
 
3.子どもの役割の変化(何よりも子育ての現実を変えた要因)
・第二次世界大戦後、家庭においても社会においても「子供時代」の意味が完全にかわった
・子どもは労働力だった(兄弟の面倒をみたり、畑で働いたり、工業が発展してくると鉱山や繊維工場、缶詰工場、露店などで働いた)
・子どもは働くのをやめ、親はそれまでの倍働くようになった 子どもは従業員からボスになった
・子どもは役立つ存在から守るべき存在に
・家族の経済は親が住む場所と食事を与え、その見返りに子が家計の一部を支えるという相互依存のシステムの上に成り立たなくなった
・今日の親は今までのどの世代の親よりも多くの資本を(感情面でも)子どもに注いでいる
 
 
この3つの理由を読んでみると、なぜ今子育てがしんどいのか、働きながら子育てするのが大変なのか、モヤモヤの正体が少し見えるような気がします。
 
だから、少し上の世代の人たちと子育ての状況は違う、価値観も常識も変わっている。
それをちゃんと頭にいれておくことで、周りからの「子どもがかわいそう」みたいな心えぐられるような言葉に振り回されにくくはなるのではないかなと思います。

 

子育てのパラドックスーー「親になること」は人生をどう変えるのか

子育てのパラドックスーー「親になること」は人生をどう変えるのか

  • 作者: ジェニファー・シニア,高山真由美
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2015/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

follow us in feedly