読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

2016年に読んだ204冊のうち読んでよかった本5冊<子育て編>

子育て 読書記録

 2016年の読んだ本まとめです。

 

昨年と一昨年のまとめはこちら。

 

tabisuruyonimanabu.hatenablog.com

 

tabisuruyonimanabu.hatenablog.com

 

2016年のビジネス・キャリア編をまとめた10冊はこちら。

 

tabisuruyonimanabu.hatenablog.com

 

では、ここから、子育て編の5冊をご紹介します。

 

①子育てのパラドックス「親になること」は人生をどう変えるのか ジェニファー・シニア

子育てのパラドックスーー「親になること」は人生をどう変えるのか

子育てのパラドックスーー「親になること」は人生をどう変えるのか

  • 作者: ジェニファー・シニア,高山真由美
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2015/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 子育てをしていてモヤモヤすることの調査結果や理論がまとめられた1冊。

これから親になる人にぜひ読んでほしいです。

詳しくはまとめた記事も書いてみましたのでぜひ。 

tabisuruyonimanabu.hatenablog.com

 

 

②フランスはどう少子化を克服したか 高橋順子

フランスはどう少子化を克服したか (新潮新書)

フランスはどう少子化を克服したか (新潮新書)

 

子どもの教育では、最近はフィンランドやオランダなどが話題ですが、少子化という子どもと親の環境という意味では、フランスの事例はとても参考になると思います。

 

こちらもブログでまとめています。 

tabisuruyonimanabu.hatenablog.com

 

③結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 筒井淳也

結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)

結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)

 

子育てのパラドックスは、アメリカを中心とした、子どもと親の話ですが、こちらは日本を中心にした家族の歴史。セットで読むと、子育ての今につながる文脈の見え方が少し変わるのではないかと思います。

 

④ルポ父親たちの葛藤 仕事と家庭の両立は夢なのか おおたとしまさ

 

ルポ 父親たちの葛藤   仕事と家庭の両立は夢なのか (PHPビジネス新書)

ルポ 父親たちの葛藤 仕事と家庭の両立は夢なのか (PHPビジネス新書)

 

我が家は比較的、夫の家事育児参加率が高いので、ワーキングマザーの次にくるであろう「ワーキングファザー」の問題にも私はけっこう問題意識があります。というか、女性よりも男性の方が根深い問題だと思っています。

この本の視点は、これから政府主導の働き方改革が進み、男性の育児参加が進む中でより問題が顕在化してくるのだと思います。育児に参加したいけど、けっこうしんどいパパと、パパに育児に参加してほしいママ、お互いによむと理解し合うキッカケになるのではないかと。 

 

tabisuruyonimanabu.hatenablog.com

 

 ⑤Aさんの場合 やまもとりえ

Aさんの場合。

Aさんの場合。

 

 唯一の漫画です。去年は仕事の関係もあって、漫画をたくさん読みました。子育て系の漫画も書籍・ブログ含めてたくさん読みました。(204冊に漫画をすべて含むともう少し読書数が増えます)その中でイチオシがAさんの場合です。

働くママと、独身OL。お互いの立場の違い、すれ違う様子になにかハッと気付かされるものがあると思います。

 

 

 

follow us in feedly