読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

子どもが生まれて、ひとり時間は旅行のような存在になった

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

計画的週4勤務をするようになって、有給の日に何をしようかと考えるのは、なんとも幸せな時間。

 

夫婦で過ごす日は、ランチはどこに行こうかとお店を調べ、これは話したいなというテーマをピックアップする。

 

1人で過ごす日は、したいことをノートにリストアップして、過ごすカフェを考えたり、マッサージやヨガや美容院に行く場合には予約をしたり。

 

旅行に行く前のように、いろいろ調べて、妄想して、準備をしているときが一番楽しいような気がする。

 

子どもが生まれる前は、週末の二日間は好きなように使うことができた。

それこそ、カフェに行くことなんて、朝起きてトイレに行くことくらい日常だったのだ。だけど、今はそうではない。

 

仕事を調整し、休みをとり、ワクワクしながらリサーチし、当日の朝はいつもよりちょっと早く目が覚める。

 

子どもを保育園に送ったら、フリータイム。時間を決めず、誰にも邪魔されず、本屋をぶらぶらしたり、カフェでぼーっとしたり、新しい出会いや発見に溢れた自由な時間。

お迎えの時間になると、終わってしまう寂しさと楽しかった余韻を噛み締めながら、また明日からがんばろうって思う。

 

子どもが生まれて、ひとり時間は旅行のような存在になった。

 

今日はそんなひとり時間の日。

特になにかあったわけじゃないけど、自分へのご褒美に前から行きたかったカキモリでオリジナルノートをつくってみた。

 http://www.kakimori.com/works/pg1.html

オリジナルノートは20分くらいで受けとることができる。でも、せっかくだから刻印をいれることにしたので受け取りは2週間後。はぁ、今から受け取りが楽しみだ。


f:id:rai527:20170120151025j:image

follow us in feedly