読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

モーニングページよりも実は楽しく効果があるかも!?「アーティストデート」をやってみる

WEB上でもやっている人をたまに見かける「モーニングページ」。

これは「ずっとやりたかったことを、やりなさい」という本ですすめられている基本ツールの1つで、毎朝心に浮かんできたことをひたすらノートに書くというもの。

 

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

 

 

でも、本の中でおすすめされている基本ツールは2つ。モーニングページともう1つ「アーティストデート」という基本ツールがおすすめされているのだけれど、実はこちらもすごく興味深いので、本を読んだことがないまま「モーニングページ」だけをやっている人には、ぜひモーニングページとセットで「アーティストデート」をやってみることをおすすめしたい。

 

アーティストデートとは?

アーティスト・デートとは、あなた自身の創造的な心を育むために特別に確保される、週2時間ほどの時間のかたまりである。基本になるのはそのものずばり、デートだ。

という説明だけではわかりにくいのだけど、簡単にいうと「ただ自分のためだけに、自分が好きなこと、楽しみのための時間をつくる」ということ。 

 

ただでさえ「時間がない」生活の中で、そんな非効率的で非生産的なことに時間をつくるというのは、最初ななかなか抵抗がある。だけど、会社でも家でも効率を追い求めている現代だからこそ、そんな非効率的な時間が、ちょっと心にゆとりをつくるのかもしれない。そして、トイレやシャワーと同じように、アイデアというのはそんなちょっとしたゆとりの時間に生まれてくる。

 

アーティストデートとモーニングページの関係とは?

モーニングページとアーティストデートはセットでやるからこそ意味がある。

(モーニングページとアーティストデートの)この2つの組み合わせを、無線の受信機と送信機の組み合わせとして考えてみよう。つまり、出て入ってくるという双方向のプロセスである。あなたはモーニング・ページを書くことで、送信する(自分自身のこと、自分の夢、不満、希望などについて)一方、アーティスト・デートをすることによって、あなたは洞察やインスピレーション、導きなどを受信する。 

 つまり、モーニングページとアーティストデートのをセットでやることで、インスピレーションは生まれやすくなる。

これは私自身が、アーティストデートをやってみて時間するところでもある。

 

アーティストデートのやり方

①毎週1回(2時間程度)アーティストデートの時間を確保する

 ・先に1ヶ月分くらいのカレンダーをおさえよう

 

②アーティストデートのプランを立てる

 ・自分がして楽しいことは?ただ楽しみたいことは?そんな風に、アーティストデートのプランを立ててみる

 ・プランを立てずに、その時の気持ちにしたがってデートするのももちろんOK

③アーティストデートをする

 ・何をするかはきっと人によって違う

 ・自分が好きなことを考えるということもきっと大切なポイント。

 

 予定を入れても実行できない時には本の中に出てくるこの言葉を読み返したい。

  (アーティストデートから)逃れようとするあなたの心の動きを観察してほしい。この聖なる時間がいかに簡単に奪われやすいか、いかに第三者の侵入によって邪魔されやすいかを見つめてほしい。そのうえで、侵入者から身を守る術を学んでもらいたい。

 アーティストデートは、「自分との約束を守る」というトレーニングでもある。

 

アーティストデートを前にやっておくとおすすめなこと

とはいっても、アーティストデートで何をしたらいいのか、最初はなかなかイメージがつかないので、本の第2週の課題の1つに「あなたがして楽しいことを20、リストアップする」というものを最初にやっておくのもオススメである。

モーニングページのノートに、1から20の数字を書いて、して楽しいことを20書いてみる。

 

私の場合は、本屋をぶらぶらしたり、文房具屋に行って使う予定がなくてもいいなと思ったノートやペンを買ったり、お気に入りのカフェに行くこと。小説を読んだり、温泉に行ったり、ウインドウショッピングをしたり、習字をしてみたり。100円ショップで、500円と決めて便利なものではなくて、使いみちがなくても好きなものを買ってみたりするのも楽しい。

 

最初は自分がなにをしたら楽しいのか、さっぱりわからなかったけれど、やり始めると自分の好きなことや、お気に入りのアーティストデートのプランが見えてくる。

私の場合、気が向いた時に新しい料理にチャレンジしてみたり、年賀状や名刺などなにかをデザインするのもけっこう好きなことだと気がついた。

 

アーティストデートに感じる効果

 モーニングページは、この本を買った大学生の頃から何度か継続をしたりやめたりしながらやっているのだけれど、アーティストデートをちゃんとやったのは昨年の秋から。だけど、やってみて自分がどんどんパワフルになっていくのを感じた。

 

仕事の必要な本ではなく読みたい本を本屋で買ってみたり、自分が好きなことややりたかったことがどんどん見つかった(正確には思い出したり、自覚するようになった)、今まで苦手だと思っていたことにもポジティブにやってみたい気持ちになってやってみたら意外とキライじゃないことがわかった。子育てと仕事の毎日の中で、ワクワクしている時間の割合がちょっとだけ増えてきた。そして仕事の中でもちょっとした企画のアイデアを見つけられることがたまにあるようになってきた。

 

子どもが生まれると、自分がひとりで完全に自由な時間というのはとても少ない。というかほとんどないと思う。

だけど、私は月に何回か有給をつかって「ひとり時間」をつくっている。そしてその日を「アーティストデート」の日と決めている。その日に何をしようか考えているときもとても楽しい気分で、その日が終わって子どもを保育園に迎えに行く時と、いつもは勘弁してよって思う子どもの「抱っこしてー」にも、「いいよ~いっぱい抱っこしてあげる!」と気分よく抱っこしてあげることができる。

特に親になった私にとって、ただ「私」のためだけの時間というのが、私が私であるために、笑顔で夫や息子と暮らすためにも必要な時間なのだと思っている。

 

 

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

 

 

ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2)

ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2)

 

 

子供はみんなアーティスト!  The Artist's Way for Parents  -Raising Creative Children

子供はみんなアーティスト! The Artist's Way for Parents -Raising Creative Children

  • 作者: ジュリアキャメロン,エマライブリー,沼田壮平,沼田壮平(監訳),荒尾日南子,渡邉典代
  • 出版社/メーカー: A-Works
  • 発売日: 2015/03/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

tabisuruyonimanabu.hatenablog.com

 

 

follow us in feedly