旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

ムーブメントをつくるとき、「#定時退社ビール」みたいな発想はすごくいいと思った話

6月に入り、気温も上がり、普段そんなにビール派でなくとも、なんともなしにビール飲みたいなとつぶやきたくなるような季節になってきた。

 

去年から、働き方改革の話題は盛り上がっているし、プレミアムフライデー的なイベント?も始まった。

しかし、ひとりの会社員として会社という働き方改革の現場でなにか変化があるような兆しはなかなか感じられない。

 

サイボウズ社のポスターが話題になったように、働き方改革とか言われても…というような感覚も拭えない。

 

 

そんな中でTwitterで見つけたのが「#定時退社ビール」というハッシュタグ。

よなよなエールのヤッホーブルーイングさんが仕掛けているらしい。

 

ルールは3つ。

STEP1.定時で、ないしは定時後できるだけ早く退社できるよう、前向きに楽しく努力する。
STEP2.退社後、「定時退社」に思いを馳せながら、おいしいビールで乾杯する。
STEP3.ビールを飲んでいる様子をハッシュタグ「#定時退社ビール」で写真付き投稿する。

http://yohobrewing.com/teijitaisha/

 

保育園のお迎えがあるから、ほぼ毎日定時退社をしている私は、#定時退社ビール をするためにビールを冷蔵庫に常備することにして、今までよりも気軽に「今日もがんばったなー!」と感じられるようになった。(ビールを飲む飲まないに限らず)

 

 

なにかムーブメントをつくるとき、その正義みたいなものはもちろん大切なのだけれど、正義だけでは人は動かない。そして、正義だけでは人は継続することも難しい。

だからこそ、楽しく、やっちゃいたくなるような仕掛けをつくるということはとても重要なのだろうなと思う。

 

 

そんなわけで、父の日のプレゼントはよなよなエールを贈ることにした。完全にマーケティングにやられている気がするけれど(笑)

 

 

 

 

follow us in feedly