読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

噂の小1の壁の前に、2人目の壁というのがあるらしい。

気になった記事 日々のつれづれ。 子育て
昨日のランチで、お子さんが2人いる先輩とご飯を食べていたときにも話題になったのは、ほしい子どもの数と、主に経済面でのリソース不足というギャップについてでした。

数日前にFacebookでよくみかけたこちらの記事。


2人目以降の出産をためらう「第2子の壁」があるとの回答が75%に上ったことが16日、分かった。経済的な理由のほか、第1子の子育ての影響、仕事上の理由を挙げた人が多かった。一方で約8割が理想の子どもの数を「2人以上」と回答した。

ちなみにその先輩は、大変ではあるけど、子どもはかわいいし、3人とか4人とかほしい。でも、お金を考えるとふたりかなぁと思っている、とおっしゃっていました。

我が家は1歳2ヶ月になる息子がいるわけですが、結婚する前もしてからは何も言われなかったのに、1人目が生まれてすぐから「2人目はまだ?」「子どもは何人を考えてるの?」「2人目は早い方がいいよ」と、言われることが増え、急にプレッシャーが強くなったように感じます。

でも現実問題なかなか課題はあるなぁと思います。育休中の生活費、認可に入るまでの認可外保育のとても高い保育料、今後の教育資金。ルンバさんだけいる我が家ですが、3種の神器の食洗機とか乾燥付洗濯機とか、宅配サービスとかアウトソースとか、考えないといけなくなるのかなぁとも思います。

話題になっている所沢の育休中の保育園退園問題も、2人目の大きな壁になりそうですね。



少しづつでも、子育てがしやすい制度や環境が整っていくといいなぁと思いますが、自分たちが二人目を生むタイミングでは、急激に環境がよくなっていることはなさそうなので、今の環境の中で、夫婦で話していけたらいいなぁと思います。

ジャングルジムと息子。おしゃべりするようになったら、弟がほしいとか妹がほしいとか言ったりするんだろうか。言われたなんて返したらいいんだろう。二人目もほしいなぁと思いつつ、まだ息子に手一杯で想像ができないなぁ。二人目の壁はまだ高い。


follow us in feedly