読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

自転車の世界チャンピオンと憧れの力

1年弱前に購入したストライダー。

家の近くの公園は、よちよち歩きの赤ちゃんか、自転車乗ってる大きい子たちが多く、ストライダーに乗っている子が少ないこともあり息子のテンションもトーンダウン。そうこうしているうちに寒くなって乗らなくなってしまって数ヶ月。

そんな息子がストライダー熱を取り戻す機会が週末にあった。

 

週末、息子の3歳の誕生日と進級で必要になる保育園用のリュックを探しに家族で買い物に行った。おもちゃ売り場で走り回る息子をおいかけていると、元気有り余る息子にぴったりだと思われたのか、販売員らしきお兄さんから「今日、ストライダーの無料教室があるんです!世界チャンピオンの先生が教えてくれるんです。よかったらどうですか?」と教えてくれた。

 

なになに世界チャンピオン?それはすごそうだと思ったので、「久しぶりにストライダー乗ってみる?」と聞くと「のるー!」というので参加することに。

 

まず、肘当てと膝当てをセットしてもらい、ストライダーも好きな色を選べてうれしそう。(しかし最終的に息子は家にあるのと同じ青をチョイス。笑)

 

そしていよいよ先生が登場!

か、かっこいい!!マウンテンバイクを自由自在に操り、自転車でジャンプまで披露する先生に息子も釘付け。目をキラキラさせていた。(先生はシルク・ドゥ・ソレイユにも出演していたらしい)

 

先生の話もしっかり聞いていて、先生の指示にしたがってストライダーに乗りながら手を離してバンザイをしたり、その状態でお尻をふりふりしたり、ストライダーに乗った状態で足踏みや両足を地面から浮かせてみたりと基本的な動きを練習。息子の目は真剣そのもの。

 

さぁコースを走ってみよう!となると、どんどん慣れてスピードを上げていき、途中でつかれたーとやめたりすることもなく30分乗りっぱなし。終わってからは、先生に「ありがとー!」と御礼を言って一緒に写真をとってもらいました。

 

教室の途中では先生の真似をしてジャンプしようとしたり、家に帰ってからもストライダーやるー!と自主練を始めるやる気っぷり。

 

そういう気持ちは、親がやれと言ったり、何かを買い与えて生まれるものではありません。

 

なにかをはじめる 時、「あんな風になりたい!」「これができるようになりたい!」そんな憧れからやりたい気持ちが生まれてくるんだなぁ。

 

息子がストライダーで世界を目指すかどうかはわからないし、というか目指す可能性の方が低いし、別に上を目指すのだけが人生でもないのでどうこういうのはないんだけど、「かっこいい!」「あんな風になりたい!」と憧れられると人生楽しいだろうなぁと思うので(まさに私は憧れをエネルギーにする人である)、そんな風に憧れるものに触れる機会はつくってあげられたらなと、息子のキラキラした目を見ていて感じたのでした。


f:id:rai527:20170321175314j:image

 

家に帰ってからも、「せんせー、かっこよかったね!おなかの上を目指すのが飛んでたんだよ!」と熱く語っておりました。

 

ありぞのけいごう先生、ありがとうございました!

 

3月生まれの息子、新手の赤ちゃん返り!?

もうすぐ3歳になる息子の最近の口癖は「バブーバブー!」。バリエーションとして「バブーバブーのあかちゃんだからだっこして!」や「ばぶちゃんなの!」などがある。

 

平日は朝も夕方もバタバタで、まったくもって余裕がないのだけど、「バブーバブーのあかちゃんだからだっこして~」と甘えてくる息子をかわいいなぁと思えるくらいにはまだ余裕があるようで、「はいはい、だっこしますよー!」と甘えさせてあげるようにしている。

 

かわいいのだけれど、あまりにずっと言っているのでよくよく考えてみると夫の転職後から増加傾向にあることに思い当たり、これはまさか新手の赤ちゃん返りなのかも知れない。

 

そして、4月から年少さんになるため保育園でも「もう○○組さんになるから!」と、生活リズムがかわったり、できる子から給食の時のエプロンをなしにしたり自立と自覚が求められてるように感じている。

 

現在クラスで唯一の2歳児である息子はまだご飯をこぼすこともあるのだけど、「もうすぐ○○組だからもうエプロンしない!」と言ったりしており、進級がイベント化することで成長することもあるのだけど、子どもにとってプレッシャーにもなっているのかもしれないなぁと感じる。3月生まれの息子は、1人小さいという環境の中で一生懸命みんなと一緒に遊ぼうともう十分がんばっている。そんな保育園でのつかれも、家での甘えん坊につながっているのかもそれないなぁ。

 

さみしい気持ちや甘えたい気持ちを、「やだー!」ではなく「バブー♪」と上手に甘えられるようになったり、「さみしい気持ちなの」と教えてくれるようになって私は息子にとても助けられていることに気がついた。今、息子が「やだー!」となっていたら、私は完全にパンクしていたと思うから。

 

だから、家ではできるだけ甘えさせてあげたいなぁと思うし、甘えさせてあげられるように私自身によゆうをつくっていきたいと思う。

 


f:id:rai527:20170317174122j:image

最近、おむつハンコ係は息子担当。

 

『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』は、「なんでなんで期」の子どもへの対応ヒントになる!

すっかり予約していたことを忘れていた本が図書館から届いた。

 

頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」があるという本。 果たしてなぜ予約したのだったか覚えていないのだけど、たぶんどなたかがおすすめしていたのだと思う。

 

さっそく読んでみた!

 

頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある

頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある

 

 受験対策としての早期教育というよりも、「学び方」「学ぶことの楽しさ」をどうつくるかという内容で、もうすぐ3歳の息子は「イヤイヤ期」を卒業したと思ったら絶賛「なんでなんで期」に突入しているので、よいタイミングで読めたと思う。

 

 

とても簡単にまとめると

・リビングに辞書、地図、図鑑を置く

・子どもが 「なんで?」となった時に一緒に調べてみる

ということ。

 

息子の「なんでー?」に、毎回困っていて、なんとなくの知識で答えてみたり、「なんでだろう?なんでだとおもう?」と質問返ししてみたりしていたので、これからは時間がある時は一緒に調べてみよう。

 

我が家は、小さな世界地図を張ってたのだけど、電車好き息子は日本地図の方が楽しめそうだなと思ったので、本で紹介されていた日本地図を早速購入。


f:id:rai527:20170316075241j:image

お風呂用だけど、都道府県がシンプルな色分けで、地方名・都道府県・県庁所在地のみの記載で、ふりがなつき。さすが公文!という子ども向けの地図でした。おすすめ。

 

本の中で「子どもの目線の高さに合わせるのが大事」と書かれていたので、だいぶ低めの場所に貼ることに。床に座って話すのがちょうどよさそう。

 

息子の誕生日には、新しい図鑑を買いたそうと思います!

 

 

↓こちらが購入した日本地図

 

おふろでレッスン にほんちず

おふろでレッスン にほんちず

 

 

 ↓我が家の息子が大好きな図鑑。MOVEはDVDもついているので、セットで楽しめておすすめです。

 

動物 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)

動物 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)

 

 

 

 

頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある

頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある

 

 

産後の夫婦に必要なのは、コミュニケーションではないかもしれない

「産後クライシス」という言葉は、だいぶ浸透してきていて、産後に夫婦のコミュニケーションが悪化する、コミュニケーション量が減ってしまうというのは世の中の共通認識になりつつある。

 

だからみんな夫婦でコミュニケーションとった方がいいとは思っているけれど、それがなかなかうまくいかないから困っているのだ。

原因はいろいろあると思うのだけど、息子が生まれて3年。一番大きな原因は、「夫婦がふたりきりで話せる時間」というものが圧倒的に少ないからなのではないかと思う。 

 

子どもが生まれる前までは、コミュニケーションがうまくいっていたかどうかは置いておいたとしても、話をしようと思ったら話をする時間は比較的つくりやすかった。平日は仕事で帰宅が遅かったとしてもちょっとくらいなら夜更かしもできるし、休日なら比較的ゆっくりできる。

 

だけど、子どもが生まれるとそうはいかない。0歳の頃は数時間おきの授乳や夜中のお世話で時間が細切れになっていき、1歳を過ぎると息子が自由に動くことで目が離せなくなる。2歳を過ぎると大人の会話に入ってきて「ちょっと!パパとママ、ふたりでお話しないで!」なんて言われる始末。

 

我が家はフルタイムの共働き家庭としては、比較的、夫婦がふたりとも家にいる時間は長い方だと思う。朝は1.5~2時間、夜も1~1.5時間は一緒に過ごしている。

一緒にいる時は、無言というわけでもなく今日どうだった?とか○○からこんな連絡があって、みたいな話はする。

だけど、それはだいたい家事をしながら、息子と遊びながら、ご飯を食べながら。そしてだいたい話の途中で中断される。息子に呼ばれたり、息子がご飯をこぼしたり、そんな突発的なことで。

 

だから、会話はしているけれど、ちゃんとお互いの話を聞けているのか、伝えたいことを伝えられたいるのか、となると、コミュニケーションがとれているとは言いがたい。

 

「コミュニケーション」という言葉はとても曖昧な言葉でなにができていたらコミュニケーションがとれているのかは人によって捉え方が大きく別れるのだと思う。きっと職場でも家庭でも。

 

産後の夫婦に必要なのは会話をするというコミュニケーションだけではなく、日常の些細な不安やひっかかり、考えていることややりたいと思っていること。それを相手に伝え、受け取ってもらうこと。つまり、産後の夫婦に必要なのはコミュニケーションではなく、コミュニケーションの結果、産後の不安定な家庭に生まれる夫婦の安心感や信頼感なのだ。

 

パパとママとなった夫婦が、コミュニケーションをとろうと思ったら、一番するべきことは誰にも邪魔されずふたりでゆったりと話をする時間をつくること。きっとそれがコミュニケーションにつながるのではないだろうか。

 

普段の慌ただしい生活の中では、いくらコミュニケーションをとろうとしても余裕がないことで無駄にイラッとしたり、ケンカになってしまうことも。(最近の我が家である)

 

だからまずお互いにちょっと心にゆとりをつくる時間が、コミュニケーションの質に大きな影響を与えるのではないかというのが、最近ケンカが増えてきた我が家のことを振り返りながら思ったこと。

 

夫が転職して平日の有給夫婦タイムがつくれてないのだけど、やっぱり夫婦でゆっくり話ができる時間をつくりたいなぁ。

量産型ワーキングマザーの生きる道

昔から、短距離走が苦手だ。

瞬発力みたいなものと無縁だから。

 

陸上をやっていた時は、100m走よりも800m。リレーより駅伝。

水泳の時は、100mのフリーより400m個人メドレーに出場していた。

 

距離は長い方がそのレース運びの中でチャンスが増えるし、15秒を13秒にするより、15分を13分にする方が日々の練習でタイムを伸ばせる可能性はあがる。

私みたいに、大して才能やセンスがない場合には、そっちの方が有利に働くことがあるのだ。

 

そうやって、小学校時代は周りを見渡して自分にチャンスのありそうな種目を選んでいたから、周りからは運動神経がいいと思われていたけれど、自分ではけっこう限界あるなと思っていた。

 

そして自分はスポーツの道では大成できないだろうなと痛感したのは中学生でバスケを始めてから。

朝練には一番に行って、部活から帰宅してご飯を食べてからは自主練習。チームで誰より練習したけれど、漫画の世界みたいに天才的な力を発揮できるわけもなく、でもディフェンスやルーズボールみたいな努力でカバーできることを頑張ることで試合に出れるようになった。

 

センスや才能がなくても、できることを積み重ねることでタイムは伸ばせるし、成果は出せる。

それが、私がスポーツから学んだこと。

 

そして働くようになって、これは働く中でも同じだなぁと思うようになった。

私には強力なリーダーシップもなければ、イノベーションを生むようなビジネスやサービスのアイデアもない。

 

だけど、「よりよくしていくための振り返りとそれを実行すること」は得意だ。

 

やり方を改善する、仕組みをつくる、そんな小さなことを積み重ねてきた。とても地味なんだけど、拡大していく組織の中でいつか誰かがやらなくてはいけない、そんな仕事が意外とたくさんあるのだ。それを、バレーボールのリベロみたいに拾っては打ち返し、拾っては打ち返ししてきた。

 

そんなわけで、私が毎日モーニングページをやったり、プランニングをしたり、週末に振り返りをしたりしているのは、そんな風に地味に毎日積み重ねていくことが、私の数少ない強みだから。

 

産前には日経DUALやワークライフバランスの小室さんの本を読みまくっていたけれど、実際にワーキングマザーになってみて、「わたしはスーパーワーキングマザーにはなれないな。」と思った。正確に言うならば、スーパーワーキングマザーになりたいと思えないわたしはスーパーワーキングマザーにはなれないなということだ。

 

睡眠時間は8時間ほしいから朝3時には起きれないし、毎日息子と寝落ちしてるから夜に仕事はできない。延長保育やベビーシッターをつかってまでは残業したいと思えなくなった。

 

そういうわけで、私はまさにこの記事でいう量産型ワーキングマザーなのだと思う。

 

でも、量産型だからってなにもできないわけじゃない。

量産型ワーキングマザーの端くれとして、今日も自分ができることで世界に彩りをつくっていこうと思う。

 

 

follow us in feedly