読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

息子1歳1ヶ月、初めてディズニーシーへ行ってきた。(当日編)

子育て 日々のつれづれ。
事前準備編に続きまして、1歳1ヶ月の息子と初めて一緒に行ったディズニーシー、当日編です。
 
 
 

予定よりも早めに出発

当日は、息子の生活リズムを崩さないことを優先しようということで、平日と同じ6時起きで息子の準備ができ次第出発しようという予定でした。まぁ子連れだし、オープンに間に合わなくても仕方ないね、と。
 
しかし、この日に限って早起きだった息子。起きたのは5時。このタイミングでもう一度寝かせても、自分たちも息子も6時に起きれないかも、ということで、起きて早めの朝ごはん。おかげで予定よりも早く出発できました。
 

ディズニーリゾートライン~入場

電車の中でもご機嫌な息子。スムーズに移動できてホッとしました。
 
ディズニーリゾートラインでは、ランドでたくさんの子連れさんが降りたため、先頭車両の1番前で電車の景色を満喫。なにこれ?と、びっくりしつつ興奮気味な息子でした。
 
そして、到着はオープン15分前。中に入ったのはオープンから20分後くらいでした。息子の早起きのおかげで、予定よりもいい感じにスタートを切ることができました。
 
また、オープンまでの行列を待つ間も、ベビーカーを持参していたので楽でした。
 

当日の予定

今回、これだけは!と話していたのが、先月オープンしたばかりのキングトリトンのコンサートとシンドバット・ストーリーブック・ヴォヤッジ。お昼は、息子も取り分けて食べれるように、セイリングデイ・ビュッフェを事前に予約。
 
子連れだし無理せず行こうという方針で、
・キングトリトン
・お昼ご飯
・シンドバット
・マーメイドラグーンで遊ぶ、
という大まかな予定をしていました。
 
キングトリトンは、開始したばかりで混みそうだから朝一に見ておけば、シンドバットはそんなに混まないだろうから動きにもゆとりが出るだろうという予測でした。
 

午前中の動き

予定より早く到着したため、多くの人がトイストーリーマニアのファストパスに走る中、我が家はマーメイドラグーンへ。
 
なんと1回目の公演に間に合いました!これが、今回のディズニーシーを楽しめた分かれ目、キングトリトンのコンサート、お昼以降は120~160分待ちだったので、ラッキーでした。
 
息子は、異空間に戸惑いの表情でしたが、キラキラ光る会場と楽しいリズムで、体を動かして楽しんでくれていました。
 
次に向かったのは、午後に行こうと思っていたシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ。いつも空いていますが、朝一ということもあり、こちらもすぐに乗れました。息子は、動く人形やキラキラ光る天井、流れてくる音楽を興味深そうにみて、興奮気味。 
 
そのまま、5分待ちだったキャラバン・カルーセルへ。無理せず、1階のベンチタイプでぐるぐる回りました。
 
お昼ご飯まで1時間。息子もご機嫌だったので、このタイミングなら並んでも大丈夫そうということで、30分待ちのアクアトピアに並びました。
 
待ち時間は心配でしたが、ベビーカーがあったので便利。朝が早くてお腹が空いてきた息子はちょっとパンを食べながらの行列でした。
 
急発進があるので、息子の頭の後ろに手を置いてゴツンしないようにはしていましたが、アクアトピアも、キャッキャいいながら楽しんだ息子。暗いのも動くのも全然怖がりません。
 
 

お昼ご飯

そして、お昼はプライオリティシーティングで予約していたセイリングビュッフェ。
 
予約のおかげでスムーズ。利用したのは初めてでしたが、思っていたよりもメニューも豊富で1歳の息子が食べられるものもたくさんありました。
 
そして、食べ始めて少しすると息子は爆睡モードになり、ベビーカーに移してお昼寝。おかげで、私と夫は、ゆっくりご飯を食べ、お茶までのんで、午後どうしようかと話しながら、久しぶりののんびりタイムを過ごすことができました。
 
90分制限の15分前くらいに目を覚ました息子は、再度ご飯タイムとなり、ご飯を食べてお腹いっぱいでご満悦。素敵なタイミングでお昼寝できてこちらも一安心。
 
ちなみに、我が家は使い勝手を優先して、食事エプロンとエジソンスプーン・フォークセットを持参しましたが、スタッフの方に言えば、紙タイプのエプロンとプラスティックのスプーンフォークはもらえました。
 
キングトリトンを朝一で見れたおかげで、スムーズに午前中だけで4アトラクション楽しめました。
 

午後の動き

午後はもうのんびりでいいねーということで、テーブル・イズ・ウェイティングを見ることにしましたが、時間がもう少しあったので、アメリカンウォーターフロントをぶらぶらお散歩。
 
ちょうどキッチンビートに遭遇し、にぎやかなビートを楽しみ、そのあとはイースターのバンドも見ることができました。息子は手拍子して楽しんでいましたが、直射日光な場所でなかなか暑かったです。

 

https://instagram.com/p/3H3FTkGbNT/

Instagram

 

そのあと、無事、最前列でテーブル・イズ・ウェイティングを見ました。こちらも、最初は戸惑い気味でしたが、最後の方は手を振ったりと楽しんでいた様子。
 
次は、アメリカンウォーターフロントから、ポートディスカバリーへ、ディズニー・エレクリック・レールウェイに乗って移動。ここでも、息子は通り過ぎる人たちに手を振りまくっていました。
 
そして、本日2回目のマーメイドラグーンで、10分待ちだったジャンピン・ジェリーフィッシュに。今まで夫とふたりできていた時には存在すら知らなかったんですが、近くでみるとけっこう高くまであがるんですね。
 
ドキドキしながら息子と乗りましたが、だいぶ異空間にも慣れてきたようで、キャーキャーと、この日の中で1番くらいはしゃいでいて、びっくりでした。
 
少しつかれたこともあり、こちらも初めて、アリエルのプレイグランドに行ってみると、広い!めちゃくちゃ広い!
 
そして、大きい(と言っても幼児~小学低学年)子どもたちが走り回っている!息子も興奮して走る、走る。大きいお兄ちゃんたちとぶつかりそうで大変でした。
 
そこそこ走り回って、フィッシャーマンズネットを何周かして、6歳以下の子専用ゾーンへ。靴を脱いで座りながら、安心して見守れたので、親の休憩にもなってなかなかの癒やし空間でした。
 
最後に、水が出るゾーンに行ってみると・・・大興奮。もうびしょぬれ。やはり、1歳1ヶ月の息子的に1番楽しかったのは、ここだったようです。キャーと言いながら、水を追いかける触る濡れる。楽しそうで何より。
 
思ったよりも水量が多くてびっくりしましたが、ここで遊ばせる時は、着替え必須。覚悟してから遊ばせなければいけないですね。
 
着替えることを覚悟して、カゼをひかないように時間だけ決めて、びしょ濡れになるまで遊ばせました。
 
着替えて、少し眠くなってきた息子。おみやげを見ながらぶらぶらとディズニーシー・プラザへ戻って記念写真を撮ろうとした時には、爆睡中でした。ディズニーシープラザで写真を撮るのは、午前中などまだ元気なうちがいいですね。苦笑

帰りの電車の途中でおきた息子でしたが、終始ごきげんで、電車の向かいに座ったおじいちゃんといないいないばあをして遊んだりニコニコでした。
 

1歳1ヶ月と息子とディズニーシーへ行ってみて

いろいろな不安があった、息子のディズニーデビューでしたが、予想以上に息子が楽しんでいてくれて、なによりでした。そして、私たち夫婦も、今までとは違うディズニーシーの楽しみ方を知ることができて、とても楽しめました!

また行きたい!!

follow us in feedly