読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

子育てしながら働くことが、次に続く人への道をつくる。

最近、後輩女子から、「○○さん(⬅私)をみて、子ども生んでも大丈夫、仕事も続けられるって思えるようになりました」と、言われました。

私自身、前職時代には、結婚・出産のライフイベントのタイミングで退職される先輩が多く、子育てをしている女性はほとんどいなかったので、子どもを生んで働くイメージが持てませんでした。

今の会社では、出産をする人も、復帰して働いている人も多く、また同じ部署にワーキングマザーがいるということは、とても心強いです。そして、ワーキングマザーの先輩たちが、時短だったり、残業しないなど、制限がある中でも、働き続け、チームに貢献していることを実感できることで、自分もがんばれば大丈夫だと思えた出来事でした。

復帰をして、子育てしながら働くことで、悩むことは尽きないけれど、悩みながらも働くことが、私が先輩ママから勇気をもらったように、次に続く人たちの背中を押すことにもなるだと思えました。

中野円佳さんの記事、ケア責任のある人の3つの戦略。


どれがよいということではなく、今、子育てしながら働いている自分たちが、それぞれの戦略をとって働いていくことが、あとに続く人が人たちへの選択肢をつくっていくんだろうなぁ。

逆に、今、子育てしながら働いている男性は、時短をしたり、定時であがったり、保育のお迎えコールで帰ったり、有給をつかって保護者会にいったりというような事例が近くにないからこそ、苦しいんだろうなぁと思います。

安心して子どもを生んで、働きたい人が働きたい働き方で働けるようにしていきたいものです。

息子1歳1ヶ月、歩くようになって、興味は広がるばかり。
follow us in feedly