読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するように学ぶ

仕事のこと、夫婦のこと、子育てのこと。日々感じたことや学びをつれづれと。

2015年に読んだ210冊のうち読んでよかった本8選

今日は2015年の読書の振り返りをしたいと思います。
 

年間読書210冊

2015年は210冊でした。昨年の242冊よりは減っていますが、目標にしていた200冊は達成できました。
 
読んだ本は、部署異動があったこともあり仕事上のインプットとしてのメディアや編集、子育て、教育、家族についての内容が増えました。また、歴史を学ぶというのが学びのテーマの1つだったこともあり、歴史系の本も読んでみましたが、いつもの興味関心と異なる分野の本を読む機会を意図的につくるのは新しい発見があり、おもしろいと感じました。
 
ちなみに昨年の読書振り返りはこちら。
 

 本格的に仕事復帰してみての読書スタイル

私にとって読書は楽しみであり、ストレス解消でもあるのですが、育休から仕事復帰をしてからはあまりに時間がなさすぎて本が読めず、ストレスを感じていました。
 
しかし、子どもが生まれる前の好きな時にまとめて本を読む時間をつくるというスタイルは当面難しいので、「5分読書」をキーワードにしました。毎日5分でいいから本を読むことを意識し、読めたかどうかを何ヵ月かチェックしたのです。
 
結果、通勤時間や昼休み、息子が寝てからなどに少しでも本を読む習慣ができて、ちょっと読むの積み重ねとちょっと読むことでのもっと読みたいが生まれることで読書時間を確保できました。
 
子育てがはじまる前も、もっと本を読む読みたいけど忙しくて読めない状況はあったので、「読書」の優先順位を自分の中でどう置くのかが大切なのだと気がつきました。
 

2015年読んでよかった本

さて長くなってしまいましたが、2015年の読んでよかった本8冊をピックアップしました。ビジネス系・キャリア系・子育て系の3つのわけてご紹介します。

<ビジネス系>

・エッセンシャル思考

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

友人にすすめられて読んで、今年一番と思うけどくらいに影響と勇気をもらった本です。本当に大切なこと、必要なことはなにか?自分に問いかけながら働くきっかけになりました。仕事でもっと成果を出したい人や子育てしながらでも仕事をがんばりたい人におすすめです。

 
・ぼくらの仮説が未来をつくる
ぼくらの仮説が世界をつくる

ぼくらの仮説が世界をつくる

 

年末最後に読んだ本ですが、久しぶりに読んでいてワクワクさせられる一冊でした。特に、メディアとコミュニティについての示唆はなるほどと思わされました。ウェブメディア系の仕事をしている方や、仕事をもっと楽しくやりたいと思っている人によいヒントをくれそうです。

 

<キャリア系>

・リーン・イン
LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲
 

 「キャリアは梯子ではなくジャングルジム」という言葉に背中を押されました。育休から復帰して少したった時に読みましたが、これからきっと何回も読み返すだろうと思う一冊。仕事と子育ての両立に悩む方にぜひ読んでほしいです。

・自分らしいキャリアのつくりかた
自分らしいキャリアのつくり方 (PHP新書)

自分らしいキャリアのつくり方 (PHP新書)

 

新しい本ではありませんが、キャリア論の高橋先生の本。「キャリア」の本なのに、家庭についても言及している数少ない一冊です。だからこそ、今の時代のキャリアを考えるのにピッタリだと思います。

 
・「働き方」は自分で決める
働き方は「自分」で決める (講談社文庫)
 

 古市さんのキャリア論。様々な分野の人に、おもしろい視点からの質問をすることで、「会社で出世する」だけではないキャリアの厚みを感じさせられました。大学生や新入社員の時に読みたかった一冊です。

 

<子育て系>

・保育園義務教育化

 

保育園義務教育化

保育園義務教育化

 

 

 今年は古市さんの本を一通り読みました。どの本も読みやすいですが、やはり一番よかったのはこの本でした。現在の子育ての課題やその背景が網羅的にまとまっています。子どもがいる方はもちほん、これから子どもを考えている人にも読んでほしいです。

・子どもはみんなアーティスト
子供はみんなアーティスト!  The Artist's Way for Parents  -Raising Creative Children

子供はみんなアーティスト! The Artist's Way for Parents -Raising Creative Children

  • 作者: ジュリアキャメロン,エマライブリー,沼田壮平,沼田壮平(監訳),荒尾日南子,渡邉典代
  • 出版社/メーカー: A-Works
  • 発売日: 2015/03/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 ほんとうにやりたいことをやりなさいの著者の子どもを対象にした本。本質的には同じメッセージですが、子どもと一緒に取り組めるアイデアがたくさん紹介されており、息子がもう少し大きくなったら一緒にやってみたいと思っています。

・学力の経済学
「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 幼児教育の経済学部とともに2015年に話題になった一冊。個人的にはこちらの方が扱う対象が広く、日本の今を踏まえた内容で学びが多かったです。子どもの教育を考えるときに読みたい本です。


以上8冊でした。

今年もいい本に巡り会えますように! 

 
 
follow us in feedly